技術だけでは続けられない

技術だけでは続けられない

美容師の定年は40歳、と言われているようですが、だからといって40歳で辞めなければならない、というルールはまったくありません。自分の引き際は自分で決める事ができる、と言える職業なんですね。ですから40歳になったからと言って辞める必要もない訳です。ですが何となく美容師の間では「それぐらいで辞めた方がよい」と言う風潮があるようです。そこに流されてしまうか、それでも自分は美容師を続けるか、と言う違いがその年代では出てくると思います。美容師と言う職業は若い頃に徹底的にスキルを身に付けていれば一生続けて行ける、というものではありません。それは世の中のトレンドが常に変化するからです。どんなヘアスタイルが流行るのか、そのために必要なテクニックはなにか、と言う事を常にアンテナを伸ばしておかなくてはならない職業です。つまり技術の上で胡坐をかいては居られない職業なんですね。常に探究心やセンスを磨く努力を続けることができるかどうか、と言う事が問われるんですね。自分では「決して腕は落ちていないからまだまだ続けていくことができる」と思っていてもお客さんから必要とされなくなってしまうことも有るんですね。そういった店では若い美容師たちの方が熱心だったり吸収する力があるのかもしれません。

 

40歳以降の身の振り方

 

では、40歳以降も美容師を続けている人、というのはどんな人たちなのでしょうか。ただ辞めるといっても、どの様な辞めかたをするのか、と言う事も色々なケースがあります。たとえば現場の美容師としては引退するけれども経営者側に回る、と言う事も考えられます。美容師の現場を知っている経営者はスタッフの気持ちなどが良く解るので、信頼させるケースが多い事でしょう。また逆に40歳をすぎても現役の美容師として働いている人もいないわけではありません。若い人たち負けない探究心があればセンスを磨く事も十分可能ですし、もともと腕があって信頼されている美容師であれば、続けることは十分に可能です。それはお客さんの方も年齢を重ねているからで、若いうちから指名を頂いていたお客さんがひと年取ると、いまさら別の美容師を指名する事は出来ない、と言うぐらいの信頼関係があるものです。そういったお客さんが何人かいるのであれば、十分にやっていくことができると思われますし、フリーランスとして働き続ければそのお客さんたちも付いてきてくれる可能性があります。また美容師と言う職業には見切りをつけてまったく別の仕事に挑戦する人もいます。挑戦をするなら若いうちの方が良いですからね。中には美容師としての経験を生かした別の職に就く人もいますね。

 

注目のサロン

 

[注目@]新宿の美容院⇒

新宿の美容院

[注目A]二子玉川の美容院⇒

二子玉川の美容院