急いで判断しなくても良い

急いで判断しなくても良い

担当美容師がどこかに異動になったり独立して自分のお店を開業したり、という事がある場合には「着いて行ける距離であれば着いて行きたい」と考えるか「今の美容師で別の美容師にお願いする」と考えるか、もしくは「また一から美容室探しをする」と考えるかはお客さん次第です。幸いにも美容室と言う所は毎日通わなくてはならないものではありません。平均的には数か月に一度、という人がほとんどでしょう。ですから最後にその美容師に担当してもらってから数か月間は考える時間がある、という事になりますね。ですから早急に答えを出す必要はないのでゆっくり考えてみるとよいと思うのです。その時に何をどのように考えて、何を基準にこれから通う美容室を決めるか、という事を冷静に道筋を立てておいた方が良さそうです。おそらく最初にこれまでの担当美容師がいなくなる、と聞くと、その時点でパニックになってしまうことでしょう。これからどうしよう、困る、という様な感情が溢れてしまってその場ですぐに「何処のお店ですか?」「ついて行きます!」と言ってしまうかもしれません。ですがそれはあまりに望ましい判断方法ではない、と思います。自分のヘアスタイルを任せる美容師について考える訳です。どうしてもその美容師でなければならない理由は何なのか?もう一度見直すチャンス、と考えた方が良いでしょう。

 

その美容師でなければならない理由

 

担当美容師が店を変わってしまう、という場合について行くか行かないかという選択をする際に考えてみたいのは「どうしてもその美容師でなくてはならないのか」と言う事でしょう。この美容師でなければならない理由は何なのか?と考えた時に、たとえば髪の毛についてとてもこだわりがあったり悩みがある場合には「やっと見つけた美容師」という意識がある人もいる事でしょう。クセ毛の扱いに困っていてどこの美容室へいってもキレイにならなかったのに、この美容室でこの美容師にお願いするようになってからクセも落ち着いて満足している、というようなケースも有りますよね。そういう時にはこの美容師に落ち着くまでの経緯を考えると、また一から解ってもらえる美容師に出会える確率と言うのはかなり低い、と考えられます。やっと現れた救世主、といった感じですよね。ですからそういう時には着いて行きたい気持ちの方が当然勝るでしょうし、着いて行くべきだとも思われます。逆にそんなにこだわりはなかったけれども、可もなく不可も無くここまでその美容師にお願いしていた、というようなケースであれば、これをきっかけに別の美容師にお願いしてみる、という事もありなのではないか、と思われますよね。その美容師が好きな理由をじっくり考えてみると、格別こだわる必要もない事に気付く事もあるかもしれません。

 

注目サロン情報

 

注目すべこ柏の美容院

柏の美容院

注目すべき川越の美容院

川越の美容院

注目すべき池袋の美容院

池袋の美容院